最新 追記 編集 設定

dev : サイト開発と blex のサイト



4. サーバーにアップロード

サーバーにtDiaryとblexなどのファイルをアップロードします。

移行時の安全策として、バージョンに応じたtDiaryフォルダを使用します。 パソコンに展開したファイルをサーバーにアップロードします。

  • システムフォルダ 例 /usr/local/share/tdiary313
  • 起動フォルダ 例 /home/hoge/html

基本的な手順

慎重を期すならば、メンテナンス中を表示するrubyプログラムを作成し、メンテナンス中は、これを index.rb にします。

  1. サイトに「システム更新」、あるいは「バージョンアップ作業」の予告を行う。
  2. 作業開始の最初に
    1. バックアップの作成
    2. 「作業中の告知」を行う、または「メンテナンス中の画面」を表示する。
  3. 更新ファイルをアップロードする。
    1. フォルダとセキュリティなどの設定を行う。(新しくインストールする場合)
    2. ファイルをアップロードする。
  4. 設定と動作確認する。
    1. index2.rb(事前にindex.rbをrenameしたもの)を実行し、エラーがでないことを確認
    2. update.rbを実行し、設定画面が表示されることを確認
    3. 設定⇒基本⇒プラグイン選択 blogkitを含む、基本的なプラグインを設定する。
    4. 設定⇒基本⇒Blogkitカテゴリ [OK]ボタンを押す。
  5. 作業終了の処理
    1. メンテナンス表示用の「index.rb」を「_index_maintenance.cgi」などにrename
    2. 本来のtDiaryの起動ファイル「index2.rb」を「index.rb」にrename
    3. tDiaryの記事の更新テストを兼ねて、「メンテナンス告知」を「作業終了」に編集し、保存、表示が適切にされることを確認。
    4. その他の機能をいろいろ確認。

システムフォルダのファイルのアップロード

システムフォルダの内容をフォルダごと、サーバーにアップロードします。

パソコン d:\usr\local\share\tdiary313
サーバー usr/local/share/tdiary313

起動フォルダのファイルのアップロード

dot.htaccess の設定とサーバーへのアップロード

内容は、英文のみで作成します。 起動フォルダにアップロードし、.htaccessにrenameします。

設定例 (ファイルはダウンロードキットに入っています)

DirectoryIndex index.html index.rb

Options +ExecCGI
Options +FollowSymLinks
AddHandler cgi-script .cgi .pl .rb

RewriteEngine on

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^([0-9]{4,8})\.html index.rb?date=$1 [L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^(.+)\.html index.rb?blogcategory=$1 [L]

<Files "*.conf">
	deny from all
</Files>

<Files "_*.*">
	deny from all
</Files>

<Files "*.rhtml*">
	deny from all
</Files>

<Files "tdiary.*">
	deny from all
</Files>

<Files update.rb>
	AuthName      tDiary
	AuthType      Basic
	AuthUserFile  /home/hoge/.htpasswd
	Require valid-user
</Files>

dot.htpasswd の設定とサーバーへのアップロード

サンプルファイルはありません。 .htaccessで指定した場所に保管します。 上記の例の場合は、/home/hoge/.htpasswdとして保管します。

管理者パスワードを設定します。 内容は、英文のみで作成します。 アップロードし、.htpasswdにrenameします。

login名:暗号化されたloginパスワード
ユーザー名
アルファベットから始まるアルファベットと数字の4~8文字程度の文字
パスワード
htpasswd2で検索して、パスワードを暗号化して保存する。

起動フォルダのファイル更新

更新の場合、起動ファイル index.rb を index2.rb などにrenameしておきます。 動作テスト後、index2.rbをindex.rbに戻します。

  1. index.rb ※更新時は事前に「index2.rb」にrenameしておく
  2. update.rb
  3. tdiary.conf
  4. 更新された style.css などがあれば、同様にアップロードします。

index2.rb(index.rb)とupdate.rbは、実行ファイルのpermissionにする。

データフォルダの設定 (新しくインストールする場合)

データフォルダを作成し、読み書きアクセス可能なpermissionにします。

例 /home/hoge/data/ +rwx

共通する theme と js をリンク化する

# cd /home/hoge/html
# ln -s /usr/local/share/tdiary3xx/theme theme
# ln -s /usr/local/share/tdiary3xx/js js

自分で作成したthemeがあれば、サーバーにもコピーしておく。

index.rdf のpermission (plugin「whatsnew-list.rb」を使用する場合)

読み書き可能なpermission に設定します。 書き込めない場合は、編集後の更新でエラー(EACCES)が発生します。

作成日: 2011年11月13日 更新日: 2012年10月22日
カテゴリ: インストール サーバーにアップロード

(c) Teruo Kohashi - dev : サイト開発と blex のサイト