最新 追記 編集 設定

dev : サイト開発と blex のサイト



3. blex の インストール

書きかけ blexのインストールのQuickサマリ

tDiaryをBlogkit付きでインストールしていることを前提とします。 tDiaryを含むインストールは、インストールをご覧ください。

β版 version 0.1.2をリリースしました。 ruby 1.9.2以降に対応しています。古いrubyは未確認で 1.8.7未満は確実に動きません。

rubyとtDiaryの上級者を対象とし、補足説明は省略します。
細かい点は、実際のファイルを見てご理解ください。
バージョンにより、内容が変更された部分があり得ます。

説明は、正式版に備えて、万人向きに、平易な用語で、わかりやすくしようと工夫・努力しています。(余計にわかりにくい感じもするが)

環境

インストールで使用する「フォルダ」(パス, path)を定義します。

  1. tDiaryの「起動フォルダ
    1. ホームページとして公開する場所
    2. 例 home/hoge/html/blog
  2. tDiaryの「データフォルダ
    1. データの保管場所。ホームページとしてアクセスできない安全な場所であること
    2. 例 home/hoge/data/blog
  3. tDiaryの「システムフォルダ
    1. tDiaryのプログラム全体の保管場所
    2. 例 tDiaryのプログラム全体を「起動フォルダ」と同じ場所に設定している場合: home/hoge/html/blog (注:起動フォルダと同じ)
    3. 例 共通のtDiaryのプログラムで、複数の tDiary のサービスを実行している場合: usr/local/share/tdiary3xx (注:3.1.1の場合 311)

ファイルキットをダウンロードと展開

ダウンロード (最後の方に blex のダウンロードがあります)

インストール先のフォルダ付きで展開すると、そのまま、コピーできます。 ⇒ PCにファイルを展開

スタイル(css)のコピー

メニューなどの追加スタイルを blex-adapter.css として作成しました。
/theme/内、または、@options['blex.adapter_css'](省略値: /theme/blex-adapter.css )で追加スタイルを指定します。

汎用化を目指していますが、gustav以外のテーマでは、変な見栄えになるかも知れません。
テスト的に使用する場合も、tDiaryのthemeから gustavをダウンロードして、使用することをお勧めします。

起動フォルダのプログラムを更新

(1) index.rb

メニュー、システムフォルダとデータフォルダのフォルダ(パス)の指定、トップ表示するカテゴリ(または日付)などを指定します。

以下の説明は、ファイルキットの html/index.rb#sample と合わせてご覧ください。

メニューの例: 詳細は ⇒メニューの設定

BLEX_MENU =<<EOT
TOP  index お知らせ 利用案内 サイト情報 個人情報 お問い合わせ 検索
最新  *LATEST*
システム system リリース tDiary blex インストール plugin
⇒HOME(kohashi.org)に戻る ../
EOT

トップページ指定の例: 詳細は ⇒名前でリンク

$blex_start = 'index'

tDiaryにアクセスしたとき、最新の一覧を表示したい場合は、設定しません。 この例では、indexというカテゴリ名の付いたページを指定しています。 mod_rewrite使用時は、index.htmlというURLで、このページにアクセスできます。

データフォルダとシステムフォルダの指定

DATA_PATH = "/home/hoge/data/dev"
TDIARY_PATH = '/usr/local/share/tdiary311'

データフォルダとtDiaryをインストールしたフォルダを指定します。

最後に、実際の起動プログラムをフックして、起動します。

require "#{TDIARY_PATH}/blex-index"

(2) update.rb

システムフォルダとデータフォルダのフォルダ(パス)の指定などを追加します。 メニューの指定がないだけで、他は index.rb と同じです。

(3) shared.conf, tdairy.conf

shared.confに、複数のサイトを運用する場合は、共通のオプション(必要時)を追加します。 tdiary.confに、サイト固有の設定を追加します。

tdiary.confの例

# -*- coding: utf-8; -*-
#
### tDiary BlogKit 個別設定ファイル $Revision: 1.8 $
# individual site configrations for tDiary BlogKit

### 基本設定
@user_name = 'dev'
@html_title = 'dev サイト開発とtDiaryの拡張システム blex のサイト'
@options['whatsnew_list.rdf.description'] = 'dev 更新情報'

### blex conf
#@options['blex.show_only_count'] = 1 # 0: default; 1: show page count
@options['blex.url_serial'] = 1 # 0: default; 1: use serial type day format
#@options['blex.url_rewrite'] = 1 # 0: default; 1: rewrite on
@options['blex.hide_blank_paged_cat'] = 1 # 0: default; 1: hide blank page cat 存在しないページのカテゴリを非表示

### 共通設定の読み込み
@data_path = DATA_PATH
eval( File::readlines( "#{TDIARY_PATH}/shared.conf" ).join.untaint )

tDiaryの起動

うまく行けば、起動します。おめでとうございます。

作成日: 2011年11月26日 更新日: 2012年5月9日
カテゴリ: blex blexのインストール

(c) Teruo Kohashi - dev : サイト開発と blex のサイト