最新 追記 編集 設定

dev : サイト開発と blex のサイト



メニューの設定

blexは、blogカテゴリをメニューにする機能があります。 カテゴリの指定に応じて、関連するメニューがハイライトされ、関連するカテゴリと関連ページが表示されます。

メニューの概要

tDiary起動フォルダにある、index.rbメニューを記入します。
メニューの設定がカテゴリのグループの定義を兼ねています。

メニュー定義の各行の文字列が、親カテゴリの「表示名」、「カテゴリ」に、3番目以降が、「子カテゴリ」になります。

メニューの例:

BLEX_MENU =<<EOT
TOP  index お知らせ 利用案内 サイト情報 個人情報 お問い合わせ 検索
最新  *LATEST*
システム system リリース tDiary blex インストール plugin
⇒HOME(kohashi.org)に戻る ../
EOT

メニューの表示

メニュータブ (menu_tabs)

ページのタイトルに記入してあるカテゴリに応じて、メニューが選択されます。

  1. 「最新」の一覧(latest)とカテゴリの指定がないページ指定(day)では、「最新」が選択されます。
    1. 「最新」を選択した場合、カテゴリの指定がないため、最新以外のメニューは選択されません。仕様です。
  2. リンクで指定されたカテゴリやページの持つカテゴリにより、複数のメニュー項目が選択される場合があります。
    1. オプション指定により、選択されるメニューの「感度」を変更できます。

メニューナビ (menu_navi)

メニュータブの下に、選択している一覧やページのカテゴリに応じて、ページ階層 (パンくずリストpath_list)、関連カテゴリ関連ページなどを表示します。

  1. ページ階層 (パンくずリストpath_list)
    1. メニューで定義されたカテゴリのグループを元に、擬似的な「ページの階層」を表示します。
  2. 関連カテゴリ
    1. 一覧やページ表示に関連するカテゴリの一覧を表示します。
    2. カテゴリのページ数を、カテゴリ名に続いて表示します。表示方法はオプションで変更可能です。
    3. ページのないカテゴリに、リンクは付きません。
  3. 絞込みカテゴリ関連ページ
    1. リンクで指定されたカテゴリで絞込みを行い関連ページを作成します。
    2. リンクのカテゴリが指定なし(検索など、ページ表示/dayと一覧表示/latest以外の場合も)・存在しない場合、最新のページからの一覧を表示します。
    3. そのカテゴリにページが1ページの場合、その親カテゴリの関連ページを一覧します。
    4. 関連ページが少ない(@latest_limit以下、省略値10)場合、ページ番号を表示します。
    5. 関連ページが少なく、子カテゴリで、タイトルの先頭が数字から始まり、英数字と記号「().-」の場合、セクション番号として、[ ]で囲んで、一覧に表示します。

サイドナビ (side_navi)

サイドナビに、@latest_limit(初期値 10)のタイトル一覧を表示します。

  1. 表示される一覧は、メニューナビで選択された関連ページ
  2. ページ一覧(latest)では、現在表示しているタイトルの先頭に「⇒」を付加
  3. 検索など、一覧表示(latest)、ページ表示(day)以外では、最新のタイトル一覧

メニューの作成方法

  1. 1行がひとつのカテゴリのグループを意味します。
  2. 最初の要素を、メニューのタブに表示
  3. 次の要素が、実際の親カテゴリ名
    1. 親カテゴリや良く使用するカテゴリは、英文にすると URL を直接書くときに便利です。例(http://www.kohashi.org/dev/blex.html)
    2. 特殊なカテゴリ *LATEST* : 「最新からの一覧」
  4. 3番目以降が、子カテゴリ

メニューの例 最初(BLEX_MENU=<<EOT)と最後(EOT)の中がメニューの定義

BLEX_MENU =<<EOT
TOP  index お知らせ 利用案内 サイト情報 個人情報 お問い合わせ 検索
最新  *LATEST*
システム system リリース tDiary blex インストール plugin
運用 operation タイトル 本文 キーワード
FAQ FAQ システムFAQ サイトFAQ 開発FAQ 運用FAQ 書き方FAQ 未解決
開発&ログ log 開発ログ 案件 open close 要求仕様
⇒HOME(kohashi.org)に戻る ../
EOT

オプション設定

必要であれば、オプション設定をtdiary.confshared.confに設定します。

@options['blex.menu_select_by_paramcat']

選択されるメニューの「感度」を設定します。

  • @options['blex.menu_select_by_paramcat'] = 0 (1以外) default, 初期値: ページ表示(dayモード)で表示されるページのカテゴリに応じて、敏感にメニューが選択されます。複数のメニューが選択される場合があります。
  • @options['blex.menu_select_by_paramcat'] = 1 : リンクで指定されたカテゴリに反応します。選択されるメニュー項目は、より厳密となり、メニューがまったく選択されない場合があります。

@options['blex.show_only_count']

関連カテゴリの表示で、各カテゴリに含まれるページ数の表示方法を指定します。

  • @options['blex.show_only_count'] = 0 (1以外) default, 初期値: ページがない場合、()で囲み。1ページの場合、そのまま。2ページ以上の場合、(3)のように、ページ数を()内に記入します。
  • @options['blex.show_only_count'] = 1 : ページ数をカテゴリの後ろに () 付きで表示します。

@options['blex.hide_blank_paged_cat']

関連カテゴリの表示で、ページ0のカテゴリを非表示にできます。

  • @options['blex.hide_blank_paged_cat'] = 0 (1以外) default, 初期値: 存在しないカテゴリも表示します。
  • @options['blex.hide_blank_paged_cat'] = 1 : ページ0のカテゴリを表示しません。

@options['blex.hide_no_menued_cat']

関連カテゴリの表示で、メニューに登録されていないカテゴリを非表示にできます。

  • @options['blex.hide_no_menued_cat'] = 0 (1以外) default, 初期値: メニューに登録されていないカテゴリも表示します。
  • @options['blex.hide_no_menued_cat'] = 1 : メニューに登録されていないカテゴリを表示しません。
作成日: 2012年1月6日 更新日: 2012年5月8日
カテゴリ: blex メニューの設定

(c) Teruo Kohashi - dev : サイト開発と blex のサイト